エンタメ

バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!

バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!
Pocket

アマゾンプライムの注目番組番組。恋愛バラエティ『バチェロレッテ ジャパン』シーズン2!!

この記事では『バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!』と題しましてお届けしたいと思っております。

今回の最年少参加者。そして大学在学中に起業した現役大学生の高橋くん。

二番手、二位、セカンドという呪縛があると語る彼。

1番になるために今、立ち上がったようです。

そんな彼について今回はまとめてみました!

『バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!」それでは最後までお楽しみいただければ幸いです!

 

バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?

まずは番組出演時に在学中の大学を調べてみました。

放送される2022年7月にはすでに大学を卒業しているようなので『大学生企業家』というブランドはなくなっているようです。でも若い企業家であることは変わりませんね!

それでも撮影当時は確かに大学生企業家として参加していたのは本当のことです。

大学卒業前の期間。他の同級生は就職が決まって最後の学生生活を楽しんでいるタイミングでのバチェロレッテへの参加。

女性企業家として輝かしい軌跡を描いてきた、先輩企業家。

そして彼女は大学在学中に起業した先輩でもあるのです。

 

バチェレッテ2の高橋航大の大学は慶応義塾!

彼が通っていたのは『慶應義塾大学』の『理工学部・管理工学科』です。

どんな大学?どんな学科?という疑問も残るので調べてみました。

慶応義塾大学通称「慶応大学」は言わずと知れた私立大学の中で大学の歴史や偏差値ともに高い学校の一つです。

『慶応ボーイ』なんていう言葉が何十年も昔に言われていたこともあるほどです。

今も昔も憧れになる大学ということは変わらないと思います。

その中で理工学部・管理工学科で勉強していたことがわかっています。

理工学部という名前からわかるように理系学部ということがわかりますが、管理工学科ってあまり聞かない名前ですよね。

最近の大学の学科は実践的なことを勉強できるところが増えているのでその一つと考えられます。

大学の管理工学科でなにが学べるのか調べてみたところ、『人間』と『もの』それに『情報』、それから『お金』の4つのキーワードを柱として、いろいろな方向からの視点や考え方、発想をもとに科学技術と経済的な仕組み、マネジメントを考えることが出来るように学べる学科であると説明がありました。

高橋君は大学で数字を扱いながら経済を引っ張っていける知識と多角的な考え方や見方の方法を学んだということですね。

 

バチェロレッテ2の高橋航大が在学中に起業したアプリの会社も調査!

通っていた大学で、経済的なセンスと基礎的な知識を学習していたことがわかりました。

大学での学習で社会に出てすぐに使えるような実践的な知識を勉強していたということですね。

だからこそ応用を活かし、大学で学んだ『人間』と『もの』それに『情報』、『お金』の4つの柱のキーワードを実践して会社を起業したということなのでしょうか。

そして、高橋君の起業した分野は理工学部らしく理系的な分野、アプリの会社というのは本当に大学生の若者らしいものだと感じます。

また、すぐに行動できるフットワークの軽さ、決断力も高橋君にしかできないすごい行動力だと思います。

さすが慶応大学生!さすが高橋君!

最近の若者って、自分のことに一生懸命で指示待ちの子が多いと言われているようなので自分から率先して行動を起こすことが出来るだけでもすごいことだと感心させられます!

 

バチェロレッテ2の高橋航大のアプリの会社は学生限定?

では具体的にどんな会社なのでしょうか?

『高橋航大』くんの名前と『アプリ会社』で調べると代表取締のをしている会社がでてきました。

すごい!ちゃんと会社だ♪ちゃんと代表取締って書いてある!と見つけた時にはびっくりしました。

会社名は『collon(コロン)』というそうです。

『collon アプリ』で検索するとアップルでアプリが探せます。

どんなアプリ化と調べてみました。簡単に説明すると「大学生限定のマッチングアプリ」でした。

高橋君いわく、コロナという状況の中でなかなか大学にも通えず、人と会うこともなかなか出来ない。もちろん友達を作ることも出来ない状況が続いていたことから、自分たち大学生が友達の輪を広げることが出来るものが出来ないものかとアプリを開発したそうです。

これって大学でまなんでいる4つ柱、「同世代もとつながりたい大学生」という『人間』と「その出会いの場を提供できるアプリ」という『もの』、それから「大学生限定という安心な場所が提供できる身分確認が出来る場の提供」で『情報』のコントロール。それに伴う「経済的な効果」という『お金』という応用力がしっかり実践されていますね。

でも、思いついただけでなく、それを行動に移すことが出来た行動力にフットワークの軽さ、決断力とてもすごいことだと思います。

身近な問題をみつけ、解決するための行動がとれる。

人を大事にしているからこそ、周りにいる人の悩みに耳を傾け、その悩みを共有して解決するための答えをみつけることが出来るのでしょうね。

大学在学中に起業し、軌道に乗せたアプリ会社。現在大学を卒業して次のステップに進んでいるんでしょう!

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。若き野心家にして大学生企業家についてお伝えしてきました。

『バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!』お楽しみいただけたでしょうか。

自分は2番目、二番手、セカンドの人生を歩んできたという彼ですが、それがあったからこそ今の自分があるんだよと言ってあげたいです。

今回は自分の悩みである、2番でなくなるために頑張っているんですよね!

プロモーションでは攻略すると言っていました。本当に若者らしい考え方だと思います。

どんな風に番組を攻略してくるのか楽しみですね!

22歳の若き企業家。同じ大学生企業家として先を進んでいる尾崎姫とどんな話をするのでしょうか。

一番のローズを手に入れることが出来るのでしょうか?

それでは『バチェロレッテ2の高橋航大の大学はどこ?起業したアプリの会社も調査!』最後までご覧いただき、ありがとうございます。

これまで余裕してきたバチェロレッテ対策で何かを起こしてくれることを期待しています。